へそくり積立運用術!10年で1000万円貯める具体的方法

「へそくりをさらに活用して、お金をもっと増やしたい!」

絶対にバレてはいけないへそくり。でも、それをうまく活用すれば、10年後の資産をタンスに置いておくより効率的に増やすことができます。

それはいったいどんな方法なのでしょうか?

  • リターンを活用して、資産を増やせる根拠と理由
  • へそくり積立運用の具体案
  • 運用で今資産を増やすメリット

これらの点を詳しく解説してますので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

【運営者たけのプロフィール】


「株式投資」「仮想通貨」「FX」「ソーシャルレンディング」
など数々の投資を行なっている。

投資セミナーなどで無駄にお金を使ってしまう人や高額塾にお金を支払ってしまう人を救うために活動中
家族が投資で大損してしまった経験あり。

へそくり積立は最強!10年で1000万円の根拠を公開

50代主婦が10万円を株を始める時に、分散投資しなきゃいけない理由

では、早速ですが、10年で1000万円の根拠をご紹介します。

もちろん未来のことは誰にも分かりませんが、過去10年のデータ上は可能です。

リターン5%で運用したシミュレーション

積立シミュレーション10年5%

上記画像は毎月5万円をリターン5%で運用した時のシミュレーションです。

「毎月5万円も無理だよ・・・」と思うかもしれませんが、あくまでシミュレーションなので、少しおご覧いただけたらと思います。

上記のシミュレーションでは普通に貯金しているだけとは大きく違うのがお分かりでしょうか。

  • タンス預金:月5万円×10年=600万円
  • リターン5%:776万円

これほど大きな差になるんです。

でも、あなたは思いますよね?

「リターン5%という数字がそもそも私には無理・・・」

結論から言いますと、決して無理な数字ではありません。

むしろ、誰でも達成できるレベルの数字なんです。

リターン5%は初心者でも達成可能な数字である理由

リターン5%は初心者でも達成可能である理由は過去の実績にあります。

例えば、「NYダウ」は5年間で1.5倍以上に成長しており、2倍に迫る勢いです。

【NYダウ2016年〜2021年】

NYダウアメリカ株過去5年

「アメリカの株なんて関係ない!」と考える方もいるかもしれませんが、今はアメリカの株にもスマホ一台で投資できます。

日本に投資するのと難易度は変わらないですし、こういった長期的に成長しているところに投資するだけで、資産は増えていくんです。

ちなみに、私自身の運用実績は下記のとおりです。

【運用実績(2019年〜2021年4月)】

つみたてNISA実績20201年4月

2年ちょっとで、+30%ほどになっています。

将来のゴールに向けて、プラン構築するのは意外と簡単

毎月5万円を5%で運用すれば、776万円貯まることがわかりました。

さらに、アメリカの株価を遡っていくと、5%以上の実績を出すことができていることがわかります。

過去のNYダウのグラフの期間を伸ばしてみました↓↓

アメリカ過去NYダウ株価

2010年は1万ドルを少し超えたぐらいだったのに対して、2020年は3万ドルを突破しました。

つまり、10年間で3倍になっているわけです。

3倍ということは10年間で、200%の運用益ですから、1年間で20%ほどの運用益になっています。

  1. 400万円運用できれば、1000万円に限りなく近づく
  2. 月3万円なら、10年間で投資金額は360万円
  3. 運用金額を再投資すれば、運用金額は雪だるま式に増える
  4. 月3万円〜5万円以上投資できれば、10年後の1000万円が見える
  5. さらに、リターンが大きくなる投資先も出てきている

こういったことを考えれば、決して不可能な数字ではありません。

投資の世界は商品の競争も激しくなっており、今後さらにいい投資が誕生する可能性もあります。

では、具体的にどのように資産形成していけばいいのでしょうか?

ここからは運用金額別のへそくり積立運用について解説します。

【目標10年で1000万円】へそくり積立運用をコース別に解説

50代主婦が少額で簡単に投資できる投資先2選

へそくり積み立て運用を

  1. 1ヶ月3万円コース
  2. 1ヶ月2万円コース
  3. 1ヶ月1万円コース

この3つに分けて解説します。

1ヶ月3万円積立コース

3万円で10年間積み立てた場合、合計360万円になります。

10年間毎月積み立てた場合はそうなりますが、先ほどのNYダウのグラフを見てもわかりますように、できる限り早い段階で投資した方が将来のリターンを得られるわけです。

なので、最初の5年間でできる限り、運用金額を上げる意識を持ちます。

  • 最初は毎月3万円で運用する
  • できる限り、毎月の運用額を早く上げる
  • 投資先を複数持ち、自分のスタイルを見つける

1つの投資先だけだと「10年間で、1000万円」は厳しくなるので、複数の運用で資金を増やしていきましょう。

・最初の3年間:仮想通貨つみたて2万円+米国株投資5000円(2ヶ月に1回1万円もOK)+つみたてNISA(毎月5000円)
・3年後〜5年後:米国株投資1万円、つみたてNISA2万円、仮想通貨投資の運用益を12で割って、1年間つみたてNISAヘ分配(仮想通貨は上昇した局面で売る)
・5年後〜7年後:つみたてNISAへ毎月投資できる金額の最大を投資
・7年後以降:つみたてNISAへ毎月3万円を投資
・9年目〜10年目:回収(投資継続もOK)

→仮想通貨投資で最初のリターンを上げて、だんだん他の投資へ移行

運用の具体的な始め方:50代投資初心者主婦が65歳までに老後資金2000万円貯める道のり

1ヶ月2万円積立コース

基本的には先ほどの3万円コースと同じことをやっていきますが、運用金額が変わります。

少し複雑になるんですが、やる運用自体は変わりません。

  • 仮想通貨
  • 米国株
  • つみたてNISA(アメリカインデックスファンド)

の積立投資を淡々とやっていくだけです。

ただ、期間や金額を少しズラしているだけなので、あまり深く考えずに挑戦してみてください。

・最初3年間:仮想通貨投資1万5000円+つみたてNISA5000円
・3年後〜5年後:つみたてNISA2万円積み立て(仮想通貨を売らない)
・5年後〜7年後:仮想通貨売却→つみたてNISAと米国株投資をできる限り大きい金額で毎月投資
・9年後〜10年後:資金回収(投資継続もOK)

→3万円コースより、仮想通貨への投資期間が少し長くなります。

運用の具体的な始め方:50代投資初心者主婦が65歳までに老後資金2000万円貯める道のり

1ヶ月1万円積立コース

1ヶ月1万円積み立てコースも、これまでのコースと金額と期間を変えているだけです。

なので、どのコースにも相互関係があり、柔軟に戦略を変更することができます。

決して難しく考える必要はありません。

  • 少しぐらい金額と期間がズレてもOK
  • 細かいズレより、大きな方向性が大事
  • 経験を積むことを最重要視する

大事なのは「資産が増えるルートに乗る」ことです。

多くの人は稼いだお金やへそくりを増やすことができません。

ただ、やり方さえ掴んでしまえば、資産は増やすことができるので、経験を積むことを最優先に考えるようにしてくださいね!

・最初の1年間:仮想通貨投資1万円+資金ができたら、つみたてNISA(月100円でもOK)
・2年目〜3年目:仮想通貨の運用益が大きくなった時点で、8割売却する→その8割をつみたてNISA運用へ
・4年目〜7年目:仮想通貨:つみたてNISAを1:1の割合で投資。できる限り、運用額を増やす
・8年目以降:仮想通貨を売却し、つみたてNISAのみへ移行

→毎月の運用額が少ないので、早い段階で仮想通貨を一旦売却

運用の具体的な始め方:50代投資初心者主婦が65歳までに老後資金2000万円貯める道のり
LINEで質問も受付中
タケのプロフィール
タケ
評価: 5.0わからないという方に向けて、LINEで質問も受け付けています。
ブログのことでわからないことがありましたら、気軽に
自分で言うのもアレですが、星5つです笑

へそくり積立運用を今実践するメリット

50代主婦が少額で投資をやるメリットはある?

へそくり積み立て運用を始めるメリットは

  1. タンスに保管しておくより資産が増える確率が高い
  2. リターンが出やすい投資対象に投資しやすくなった
  3. 簡単に運用を始められるようになった

この3つが大きいです。

タンスに保管しておくより、資産が増える確率が高い

現金を現金で持っておくことが長期に渡っては一番損です。

先ほどのアメリカの株や私の運用実績のように、現金以外のものを持っていれば、だんだん資産は増えていくもの。

でも、多くの人は運用を実践していません。

正直、私のような人間が運用でどんどん増やしているのに、一生懸命働いたり、お金を貯めている人の資産が増えないのは仕組みあとしてどうかと思います。

ただ、そのシステムの中にいるわけですから、仕方ありません。

  1. 資産を増やせる環境があるのに増やさない
  2. 資産が増やせる環境を利用してみる

あなたはどちらを選びますか?

一度②を経験したら、①に戻ることができなくなりますよ。

リターンが出やすい投資対象に投資しやすくなった

昔に比べて、リターンが出やすい投資対象に投資しやすくなりました。

  • 窓口に行く必要がなくなった
  • スマホ一台で投資できる仕組みができた
  • 日本以外への投資が簡単にできるようになった

昔の理屈で「投資はしない方がいい」と言われるケースが多いですが、今は全く違います。

世界中に投資できるようになったわけですから、そのメリットを受け取りたいところです。

簡単に運用を始められるようになった

あなたは楽天やAmazonで商品を買ったことがありますか?

ネットショッピングをしたことがありますか?

もしそれができるなら、運用もできます。

株や仮想通貨は10秒程度で買えるものです。

  • テレビを見ながら、片手間で株を買う
  • 電車を待っている時間に仮想通貨を買う
  • 会社に休憩時間に仮想通貨を買う

今はこれぐらい簡単に、投資を始めることができます。

将来の資産が2倍以上変わるとなれば、かなり大きな差と言えるのではないでしょうか?

この記事では10年間という期限を設けていますが、15年・20年とやればやるほど資産は増えやすくなります。

お金の知識はそれほど将来の資産を左右するんです。

まとめ:へそくり積立運用術!やり方次第で数百万円の違いになります。

まとめ:50代主婦で働きたくない→今の常識で打破できます。

知っているか知らないか、やるかやらないかだけで、将来の資産が2倍以上変わる可能性がある。

これが現実です。

「もう遅い」と思う人がいるかもしれませんが、10年間あれば相当な資産を増やすことができますし、20年資産を増やし続ければ、人生が変わるレベルです。

少しでも資産形成に興味がありましたら、ぜひチャレンジしてみてください。

長期的に資産を増やせるようになれば、老後の不安・将来の不安がだんだん少なくなってきますよ。

運用するために必要な口座(開設無料)

Coincheck
仮想通貨のつみたて投資ができる仮想通貨取引所です。
口座開設は無料なので、気軽に解説することができます。

仮想通貨投資をするなら、絶対に必要な取引所です。
つみたてだけなく、トレードもする方なら、bitbankも必須です。


PayPay証券
米国株に1000円で投資できる仮想通貨取引所です。
少額で投資できる取引所なので、こちらも投資するには口座開設しておきたい取引所。

当然、口座開設は無料です。


楽天証券
つみたてNISAを始めるなら、楽天証券が便利です。
楽天カードを使えますし、楽天市場の買い物ポイント(SPUプログラム)もアップ。

本格的に個別株に投資する場合も、使いやすい証券口座です。

口座開設は無料。

老後2000万円までの道のり
 
評価: 5.0わからないという方に向けて、LINEで質問も受け付けています。
ブログのことでわからないことがありましたら、気軽にご質問ください。
自分で言うのもアレですが、星5つです笑
>  楽しい老後を今から作りませんか?

  楽しい老後を今から作りませんか?

CTR IMG