50代主婦でも株で1000万円貯める具体的方法【脱集中投資】

「50代でお金が全然ない・・・それでも、お金は貯めれる?」

この記事では「今、この瞬間からお金を貯めるにはどうしたらいいか?」を余すことなくお伝えします。

現実に甘い話はありませんが、少し勉強するだけで、資産を増やすことはできます。

  • 具体的にどのような手順で資産が増えるのか?
  • 資産を増やす時に、避けておきたいこと
  • 株だけでもダメ。他の資産も多少知る必要がある話

これらのポイントを解説します。

【運営者たけのプロフィール】


「株式投資」「仮想通貨」「FX」「ソーシャルレンディング」
など数々の投資を行なっている。

投資セミナーなどで無駄にお金を使ってしまう人や高額塾にお金を支払ってしまう人を救うために活動中
家族が投資で大損してしまった経験あり。

50代主婦でも株で1000万円貯めるのは可能です(ただ、条件あり)

50代主婦でも株で1000万円貯めるのは可能です(ただ、条件あり)

初めに、50代の主婦のあなたでもこれから1000万円貯めることは可能です。

「絶対無理だ!」と思っている方が多いかと思いますが、資産を増やしている人はほんの少しのきっかけと掴んだだけ。

決して特別ではありません。

私自身も資産を増やしたきっかけは投資ブログを偶然見たことがスタートでした。

この記事を見てくれたあなたと一緒です。

  1. きっかけを掴む
  2. 自分でやってみる
  3. 長く継続する

これだけで、将来は大きく変わります。

では、具体的にどのように資産形成していけばいいのかをお伝えしていきます。

50代主婦でも株で1000万円貯める時に避けたいこと

50代主婦でも株で1000万円貯める時に避けたいこと

避けたいのは次の3つです。

  • いきなりの個別株投資
  • 日本への投資
  • 株だけへの一点投資

1つ1つ解説していきます。

いきなりの個別株投資

株価が10倍になるような株を買うことができれば、資産は一気に増えます。

ただ、それは現実的ではなく、かなりの企業分析や株に対する知識が必要です。

初心者には難易度が高いので、いきなり個別株は買わないようにしましょう。

個別株以外の投資方法をまとめましたので、参考にしてください↓↓

・NYダウ、S&P500などの指数に投資する
・値動きを見なくていい積み立て系の投資をする

日本への投資

日本への投資も積極的に行うべきではありません。

ここ最近は調子がいいですが、長期的に見れば、少子高齢化で経済全体が低迷するのが見えているからです。

やはり、上昇している国に投資するのがベスト。

  1. 日本は長期的にいい見方ができない
  2. 今は簡単に海外へ投資できる

これらのことを考えると、海外へ投資する方が賢明です。

長期的に成長を続けているのはアメリカなので、投資先としてはアメリカが有力候補。

日本にも成長している企業はありますが、全体として好調な国を中心に株は投資していきましょう。

株だけへの一点投資

「株だけで1000万円!」という方には申し訳ないんですが、株以外の資産にも目を向けるべきです。

その理由はどの資産がどのタイミングで、値上がりするか分からないから。

数ある投資先から、投資対象を選べた方が運用益が出せる確率は上がります。

  • 株が上昇するターン
  • 仮想通貨が上昇するターン
  • 金などのコモディティが上昇するターン
  • 債権を持っているのがいいパターン
  • 複数の資産が同時に上昇するターン

株が最もいいというわけではありません。

時代時代によって、上昇するものが変わります。

株だけにこだわらず、「総合力で資産を増やす考え方」を身につけましょう。

選択肢があればあるだけ強い
タケのプロフィール
タケ
選択肢の多い人: 5.0株だけにこだわると、株が下落した時の対処法がなくなります。
資産形成するには幅広い選択肢の中から、選ぶことが必要。
株や仮想通貨など、選択肢を幅広く持つことが重要です。
アメリカ株はPayPay証券で、1000円から投資できます。

50代主婦でも株で1000万円貯める鍵はアメリカにある

50代主婦が10万円で株を買うなら、アメリカの大手企業

「株は下がった時に買うとさらに下がる」と言われていますが、それは個別株の場合。

アメリカ株は「下がった時に買う」が通用する戦法です。

例えば、NYダウ。

継続的にずっと上昇してきています。

下落があった時こそ、買う局面なんです。

アメリカ過去NYダウ株価

上の画像は当ブログにかなり貼り付けていますが、それほど重要な画像だと思っていただいて構いません。

過去のNYダウのチャートですが、ずっと右肩上がりです。

下がった時が買い局面なのが一目瞭然。

初心者の方はこのような「比較的イージーな手法」を採用していくのが王道になります。

長期的に右肩上がりなので、多少損したとしても少し我慢すればOKです。

スピード感をつけるなら、株と仮想通貨をミックス

スピード感をつけるなら、株と仮想通貨をミックス

資産形成のスピード感をつけていくなら、株と仮想通貨をミックスしましょう。

その理由を解説します。

なぜ、株だけではダメなのか?

株で5年〜10年ほどかけて、資産形成することはできます。

ただ、株が常に高いパフォーマンスを発揮できるとは限りません。

あなたがもし、より大きく資産形成を狙っていきたい場合、仮想通貨は避けては通れない存在です。

  • 今新しく参入している会社が多い
  • 参入者が増えたとは言っても、まだまだこれから
  • 時代の波が来ている

このような新しい波はそう簡単に来るものではありません。

あなたがさらに高いパフォーマンスを狙うなら、仮想通貨に目を向けるべきではないでしょうか?

仮想通貨の値動きは大きい

仮想通貨の値動きは以下の通りです。

【ビットコインの値動き(2021年1月〜3月】

ビットコインチャート2021年1月〜3月

2ヶ月ほどで2倍になっています。

これほど上がるものはないと言ってもいいのではないでしょうか?

上下動の激しい資産ですが、現状の仮想通貨業界を見ると投資対象にしていきたいところです。

ビットコインも積み立てができる

投資初心者が一番気をつけないといけないのが高値掴みです。

一番高い値段で買ってしまって、下落し続けるというのが一番避けたいシナリオ。

例えば、ビットコイン500万円の時に500万円投資して、その後300万円になったら大変です。

① ビットコイン500万円の時に500万円買う
② ビットコインが300万円まで下落
③ 500万円が300万円に・・・

こうなったら、目も当てられません。

これを防ぐのが積立投資で、毎日積み立てする設定しておけば、価格が下がった時に買い増しすることができます。

高い値段の時に一気買いせずに済む方法です。

初心者の方はコツコツ買っていくのがリスクを低減できます。

あなたはトレードが上手いですか?

上手くないのであれば、コツコツ積み立てていくのが一番簡単な戦略です。

50代主婦が1000万円貯めるために今できること【手順解説】

50代の少額投資はマイナスが少なく、将来の資産形成の第一歩になる

今からできることを順番に紹介します。

  1. 仮想通貨積み立て(1万円)
  2. 少額株投資(1万円)
  3. つみたてNISA申し込み(1万円)

この順番でやっていけば、将来が少しずつ変わってきますよ。

仮想通貨積み立て

仮想通貨を毎月1万円から積み立てることができます。

なので、最初は1万円ビットコインを積み立てましょう。

  1. 最低金額である1万円をCoincheckで積み立てる(全額ビットコイン積立)
  2. 3ヶ月ぐらい様子を見る
  3. 積立金額を上げれそうだったら、無理ない範囲で上げる

これを2024年まで続けるのが理想です。

ビットコインには半減期があり、次の半減期が2024年頃にやってくる予定なので、2024年末まで積み立てて、そこで積み立てはストップ。

2025年に現金化します。

半減期の後には価格が急上昇している歴史があり、2016年と2020年の半減期の後にビットコインは急上昇しています。

次の半減期を取りにいくために、コツコツ積み立てるのがこの戦略です。

途中価格の上下動は絶対に起こりますが、長期で見ます。

少額アメリカ株投資

株も今は1000円から投資できます。

  1. 投資資金1万円を用意する
  2. 4000円・3000円・3000円に振り分けて、3つの企業に投資
  3. 投資金額に余裕が出てきた場合は資金を増やす

まず仮想通貨の積み立て設定を1万円して、そこで余裕がある場合に1万円でアメリカ株へ投資する戦略です。

仮想通貨だけでもダメですし、株だけでもダメ。

幅広く知識と経験を積んでいくことが将来の資産形成に大きく役立ちます。

めんどくさいと思うかもしれません。

ただ、将来のお金のためです。

70代・80代になってからできるものではないので、将来が不安なら早めに始めてください。

つみたてNISA申し込み

つみたてNISAは100円からできますが、100円だとほぼ意味がありません。

運用益がほとんど出なくなってしまうので、つみたてNISAの申し込みも1万円でスタートするのが理想です。

年間40万円まで運用益非課税枠があるので、月3万3333円までの積立が最高になります。

  1. 仮想通貨積立1万円
  2. 少額アメリカ株投資1万円
  3. つみたてNISA1万円

この順番でできたら、その後は家計と相談して、投資額を増やしていきます。

具体的な始め方は私が運営している別ブログの下記記事にありますので、こちらを参考にしてください。

楽天証券でつみたてNISAを始める方法

LINEで質問も受付中
タケのプロフィール
タケ
評価: 5.0わからないという方に向けて、LINEで質問も受け付けています。
ブログのことでわからないことがありましたら、気軽に
自分で言うのもアレですが、星5つです笑

まとめ:50代主婦でも株で1000万円貯める具体的方法!複数の投資活用で資産形成

まとめ:50代主婦で働きたくない→今の常識で打破できます。

50代主婦のあなたでも、まだ資産形成には十分間に合います。

私の周りを見ましても、諦めている方が多いんですが、決して諦める必要はありません。

むしろ、激変の今を乗り越えるためには資産形成の知識・経験を早めに身につけるしかないと言っても過言ではないんです。

将来を生き抜くために、準備しませんか?

この記事の内容を最後にまとめたので、参考にしてみてください。

1000万円貯める方法3ステップ

① 仮想通貨積み立て(1万円)
上下動が激しいので、2024年までコツコツ積み立てる。
最低金額1万円を積み立てて、余裕があったら金額をアップさせる。
注目されている投資対象。


② 少額米国株投資(1万円)
長期的に成長しているアメリカの株に少額投資。
こちらも資産的に余裕が出ていたら、投資金額を徐々に増やしていく。
仮想通貨より上下動が少なめ。

③ つみたてNISA(1万円)
毎月投資信託に積み立てる投資。
月1万円程度から始める。
この中では上下動が最も少ない投資になっているが、長期て手堅く運用できる。

老後2000万円までの道のり
 
評価: 5.0わからないという方に向けて、LINEで質問も受け付けています。
ブログのことでわからないことがありましたら、気軽にご質問ください。
自分で言うのもアレですが、星5つです笑
>  楽しい老後を今から作りませんか?

  楽しい老後を今から作りませんか?

CTR IMG